カリフォルニケーション シーズン6 第10話


母親からの着信を無視するフェイスを見て、ハンクは帰るように促す。ハンクも同行するならと、2人でフェイスの実家へ向かう。信心深い母親と酒飲みの父親は娘を喜んで迎えた。しかし夕食時、娘を許せないという母親の発言で口論に発展。父親の言葉で、フェイスが尼だったことが判明する。尼の生活に我慢ができず、信仰の道を捨てたのだ。今でも何を信じるべきか揺らいでいるフェイスだったが、母親と仲直りするとロスへと戻った。