カリフォルニケーション シーズン6 第4話


チャーリーが仕事を持ってきた。売り込み先は「愛、それはクレイジーなもの」の製作者アリ。ハンクとは前作での遺恨を抱えていたがロビーの出演で製作が決まる。祝杯を挙げに向かったゲイバーにはベイツがいた。一方、ロビーに迫られたチャーリーはゲイではないことを告白しクビになる。ハンクも再びアリの機嫌を損ね、映画製作の話は流れる。そして自作を朗読するベッカを見たハンクは、執筆を始めるとカレンに伝えるのだった。