カリフォルニケーション シーズン6 第6話


演出家に曲を披露するため、ニューヨークへ向かうアティカスがハンクを自家用機に呼んだ。曲ができていないので助けてほしいと言う。飛行機にはフェイスも乗り込んできた。機上ではアティカスがフェイスにミューズになれと迫る。断られたアティカスは激怒し彼女を罵倒。ハンクがフェイスをかばって騒ぎになる。その時乱気流が起こり、死を覚悟する中でアティカスの曲が完成。フェイスは自分をかばってくれたハンクに好意を表す。