カリフォルニケーション シーズン6 第8話


ベッカに小説の感想を求められたハンクは「次の小説を書け」と正直に伝えてベッカを落ち込ませる。ハンク自身もミュージカルの脚本を酷評され、落ち込んでフェイスの元を訪れるが、この脚本には「ハートがない」と言われてしまう。一方、チャーリーとスチューはマーシーをオフィーリアの洗脳から解くため結託。オフィーリアの異常さを知ったマーシーは目を覚ます。ハンクは改めてベッカに小説の感想を伝え、書き続けろと励ます。