NYボンビー・ガール シーズン2 第11話


ポーランドに帰国していたソフィーが不動産詐欺に遭って戻ってきた。湖畔に建設予定だった“夢の家”を失ったソフィーは、好物のカップケーキも喉を通らぬほどに憔悴しており、マックスとキャロラインは言葉を失う。お金以上に夢をなくしたことを嘆くソフィー。マックスは彼女を励ましたい一心から、自分たちのケーキ店の名目上の共同経営者になるよう提案する。新たな夢に活路を見出したソフィーは店の経営に口出しを始める。