NYボンビー・ガール シーズン3 第3話


部屋の外で毎晩、猫の鳴き声がするのを気に病むマックスは、その気の毒な野良猫を飼ってやろうと言い出す。すでにチェスナットを飼っているキャロラインは、これ以上ペットを増やす余裕はないと猛反対。さっそくダイナーの従業員や客に声をかけ里親探しを始める。すると偶然、店内で話を耳にした女性客が飼いたいと申し出て2人は胸をなでおろすが、温厚で優しそうな彼女の猫好きは筋金入りで、ちょっと変わった人物だった。