レバレッジ/詐欺師たちの流儀 シーズン5 第6話


パーカーとハーディソンを同僚だと思い込んでいるマクスイーテン捜査官がポートランドに現れる。彼の父親は余命わずかの元FBI捜査官で、40年ほど前、伝説のハイジャック犯D・B・クーパーを取り逃がした過去があった。父親が亡くなる前にクーパーを捕まえたいと必死のマクスイーテン。そこでチームは犯罪史上もっとも謎の多いコールドケース「D・B・クーパー事件」に挑むこととなる。